トップページ > 美容 > 太陽光の量と陽焼けの因果関係について

太陽光の量と陽焼けの因果関係について

紫外線に入っているa波は、硝子を通ってしまう特徴をもつから、家の中に居るときでも日に焼けてしまうケースがあるんです。紫外線には、A波とb波があるんです。B波は曇りの日等天気で防御できますが、それでも地球に降っている紫外線のひとつであります。

1年のうち、紫外線の分量が1番高く成っているのは5月から9月であると言われてます。5月の日光はまだまだ盛夏のような強さがありませんので、まだまだ紫外線の対策は必要ないと考えるかたも少なくないようです。ちょっとずつ薄着が多くなり、袖の丈や、パンツの丈がショートになって来ますので、そんな時こそ紫外線ケアが必要となるのです。

汗をかくことも、夏の紫外線対処法で気にしておきたいところですよね。日焼け止めクリームは汗でなくなる事がありますので、頻繁に塗って、日焼け予防クリームの効果を維持しましょうね。

紫外線をカットする作用がどのくらいあるか、日焼け予防クリームによって異なっています為、SPF値等を参考にして、自分に合っているのを探しましょう。SPF値の大きい日焼け止めのクリームの1回大量に塗っておくよりも、数が小さいクリームを頻繁にした方が日焼け止めの効果が高いといわれています。

日焼け止めクリームを利用する際は、肩や、鼻の頭、おでこの様な、紫外線を浴びている所が、頻繁につけて下さい。

AM10:00~、14:00までのあいだが、紫外線がすごい多量というのを考えて行動をしましょうね。紫外線の降り注ぐ季節のみじゃなく、年間を通して、紫外線の予防をすることが肌のためなんです。